転職ってどうなの?

選択 考察
スポンサーリンク

僕は高卒で直ぐに演奏家としての道を歩む事になったんだけど、進学校だった事もあり僕の周りは全員大学に進学していきました。当然自分を肯定する為に外の情報を一切シャットダウンしていたので、キャリアという概念なんてものは皆無だったわけですが、今振り返ると非常に勿体無いなぁと思います。

音楽や演劇など、何か特別な夢を持って学歴や社歴を捨てて日々努力されてる方は多いと思いますが、本当に【捨てる】必要はあるのでしょうか。

転職=逃げではありません!

また大学進学からストレートで就職された方の中でも、無理して何年も1社目で頑張ってる方を非常に多く目にします。今回は転職について理解を深めていきましょう。

スポンサーリンク

転職は引っ越しみたいなもの

転職は引越しみたいなもの

転職理由って人それぞれだと思うかもしれませんが、それは違います。今まで2000名ぐらいの方とお会いさせて頂きましたが、だいたい主に2つです。

  • 人間関係の悪化
  • 年収に不満がある

これ以外にも【やりがい】とかもあるのですが、そもそもやりがいってのは自分の意識次第で何とでもなりますので、何でおかしくなるかと深掘りすると大体人間関係の悪化に起因してます。

また年収不満も同じぐらい多いです。環境に不満はないけど、生きてく上でどうしても稼がないと行けない!ってのは男女問わず、長く生きてれば色々ありますよね。

サラリーマンとして年収を上げるにはシンプルにスキルを高く評価してもらえればOKですので、評価してもらえる場所に移動すれば良いだけの話。(勿論それぐらいのスキルがあるのは大前提ですが・・・)

よって、転職=新しく自分にフィットする場所に移動する事

だからそこに後ろめたさを感じる必要などありません。虐めにあった時に最善の方法は何か、そう単純に居場所を変えさえすれば良いのです。無理してどうこう足掻くよりもずっと効果的です。

転職で病気も治る?

病気が治る

ちょっと大袈裟かもしれませんが、 意外とそんな事もないんです。社会経済変化が病気を生んでる事は既に証明されていたりします。気になる方は下記の資料をどうぞ。

http://www.jahbs.info/journal/pdf/vol01/vol01_02.pdf

もし今の環境が辛くて、何か身体に異変が起きてしまっていたら、直ぐにでも場所を変える必要があるかもしれません。出来ればそうなる前に行動をした方が良いでしょう。

転職は自分を映す鏡にもなる!

転職活動の中で一番嫌がられるのが面接。どうして面接が嫌なのでしょうか。

それは自分に自信が持てないから。

なんで自信がもてないのでしょう。

それは自分の強みがわからないから。

分からないという事は言語化出来ていないという事。という事は最終的には面接を懸念する理由は下記のようなりますね。

自分の強みをうまく伝えられないと思っているから。

『あなたの強みは何ですか?』『あなたはどのような人物ですか?』

そう聞かれて直ぐに答えられる人は少ないでしょう。なぜなら、体験・経験値を基にしたノウハウ等を暗黙知と言い、言語化が非常に難しい知識を指すのですが、それと言語化できる知識(形式知)を混同して日々生きているからなのです。

これは意識的に取り組まなければ解決出来ません。逆に言えば取り組めば自分の事を意識できるようになり、そこから何が言えるのか分かるようになります。それを自己理解を深める、と言います。

つまり、

面接対策=自己理解を深める

という事になりまね。そう、転職活動は自分を理解する最大のイベントでもあるんです。正直次の職場に就職する・しないよりも、ここが一番の収穫なのではないでしょうか。自分の価値を社会的に、客観的に知れる機会が転職なのです。

社会人経験の無い人の転職について

僕の経験談から申し上げますと、30歳以降の方になるともう引き返せない、みたいな状況になってる方が非常に多い印象を受けます。それでも一瞬だけキャリアチェンジを考えた事がある人は多いのではないでしょうか。

取り敢えずスマホ片手に転職情報をネットで触れてみて、こう思う方が多いのではないでしょうか。

なんか凄く難しそう。

興味が持てない事を仕事にしたくない。

就職してしまったら、自分の負けを認めたような気がする。

僕はまだ大丈夫。

今のままでも普通に生活出来てるし、何とかなるでしょ。

ハッキリ言って、全部言い訳な事を理解されてる事も、凄く分かります。自分もそうだったので。なので今回は最後にこの言葉で締め括りたいと思います。

転職したら負けなのではありません。
自分に言い訳した時点で、もう負けてしまってるのです。

転職したら負けなのではありません。
自分に言い訳した時点で、もう負けてしまってるのです。

何かを思って、転職を検討されたのなら、最後まで扉を開けてしまいましょう。そこで見えた景色が違ったら、扉を閉めれば良いだけなのです。就職は決してゴールではありません。転職活動は引越先を検討するものであり、       自分探しのイベントなのですから。

Chiva.

コメント

タイトルとURLをコピーしました