仕事したくない、は仕方がないこと。

体験談
スポンサーリンク

仕事が憂鬱で仕方がない、とにかく仕事が辛い、行きたくない。

そんな事思ったことありませんか?
今回はこの【仕事したくない】という気持ちについて考察をしていきましょう。

こんな読者に読んで欲しい!

①毎日仕事が辛くて、しんどい
②毎日がつまらない
③できるだけ早く帰りたいと思う
④何で働かなきゃいけないのか分からない
⑤楽して稼ぎたい
⑥好きな事だけしていたい

日々の3分の1は仕事で暮らしてる私達にとって、この働くが辛いとどうしようもない気持ちになってしまうと思います。

中には仕事に対してモチベーションが下がってしまってる事に嫌悪感を感じて、更に辛い思いをしてしまうケースも。

でも

仕事をしたくない、と思うのは当たり前の事なのです。

それでは早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

仕事したくない、という気持ちについて考えてみる

このブログでも私のtwitterでも、転職やキャリアについて、割と意識高い系の発信をしておきながら何言ってるんだと思うかもしれませんが、

この働きたくない、という気持ちを正しく認識する事は非常に重要な事なのです。

何故ならば、人の心は脆いからです。

自分をコントロールする上で最も大事なのは、自分の素直な気持ちをまず理解する事。

働かなくても生きていけるのであれば、間違いなく私達の人生の選択肢は増えますよね。

ではまず結論から申し上げます。

仕事したくない、と思うのは至極当然の事なのです。

雇用されてる身では、必ず思い通りにはならない

この国で労働をしている方達の9割近くがサラリーマンです。つまり雇用されてる側の人間であるわけです。

雇用される、という事は雇用者いるわけで、つまりその雇用者にこそ決定権があるという事なんですね。

つまり雇用者である以上、全てが自分の思い通りになるわけではないのです!

会社は何の為に稼働しているのかを再認識しよう

会社が何の為に稼働しているのか、ズバリ利益の為です。

そしてその利益を追うべく意思決定をしてるのが、取締役なわけです。そしてその取締役を選べるのが株主です。

この仕組みについてはこちらの記事が非常に分かりやすいので是非。

どちらが偉いかというと【偉い】の定義にもよりますが、会社のTOPが取締役で、法的に立場が強いのが株主という事になりますので、どちらにせよそれ以外の発言権は低い事が分かりますね。

という事は、労働者の大部分である【雇用される側の人間】は自分の意思を貫き通すことは非常に難しいわけです。

利益を生み出す仕組みは、サービス提供による見返りですので、対ユーザーに対しての考え方が主軸となるのですが、その意見については皆必ず一致するわけではありません。

意見が割れる事は頻繁に起こるでしょう。その意見をまとめて最終的に決断を下せるのは自分(ここでは雇用者)ではありませんので、結果に不満が出てくることは当然の事なのです。

仕事が楽しい!毎日働くことで充実感を得られてる人もいる

ここまで仕事とは必ず不満が出てしまうもの、と解説してきましたが、あくまで仕組みの話であって、実際そうではない人も勿論いらっしゃいます。

そういう方の特徴としましては下記が当てはまるでしょう。

仕事が楽しい人の特徴

①自己コントロールが出来てる(ビジネス人格が出来上がってる)
②まだ業務上で壁にぶつかってはいない(新人フェーズ)
③自分でビジネスを展開してる人

①自己コントロールが出来てる(ビジネス人格が出来上がってる)

これは仕事をする上で一番重要な事だと思います。

上記でお話しました会社や組織の仕組みを正しく理解した上で、自分の意思や意見を上手にコントロールでき、建設的に物事を進められる人を指します。

これが出来ると、仕事上の不満や不条理にもうまく対処できるようになるのですが、会得するには数々の経験や学びが必要となります。

②まだ業務上で壁にぶつかっていない(新人フェーズ)

新人のうちはまず業務に慣れることが最優先ですので、その業務にやりがいを見出せていれば、仕事そのものは楽しいですよね。

その仕事自体が最初から合わなかった、という方も勿論いらっしゃるかと思いますので、その場合はこの例には当たりませんので、選ぶ職種を検討する事で回避出来るかと思います。

③自分でビジネスを展開してる人

取締役が自分であるパターンですね。

全てを自分で意思決定出来るわけですから、順調にビジネスが発展していれば非常に充実感を得られるでしょう。

さて、ここでそれぞれのパターンについてもう少し深く掘り下げてみましょう。

①のコントロールとは経験値が必須となりますし、あくまで自己コントロールなのでいつどのタイミングで破綻するかは分かりません。人間ですからね、色々あります。

②のまだ見ぬ壁の件ですが、壁にぶつかってしまった時にどう思うかは未知数であります。

③の自分が経営者ですが、前提としてビジネスが順調に展開してるのが条件ですので、当然そうならなかったパターンも考える必要がありますし、そもそも上記でお話したように、この領域の方達の割合は低めなけですから、一般的ではないですね。

よって、我々は雇用者である以上、

仕事が嫌になる瞬間が来るのは仕方のない事なのです。

仕事が嫌になった時の対処法を考える

仕事が嫌になる事は仕方が無いことが分かったので、具体的な解決方法を見ていきましょう。

まずはその感情を受け止めること

今自分が仕事に対して負の感情を持った、という事実をちゃんと受け止めましょう。その感情は貴方の心の声です。決して否定してはいけません。

例えるなら、貴方の最愛の人が貴方に何か不満をぶつけてきた時に、まずするべき事はなんでしょうか。

それは話を聞いてあげることです。

頭ごなしに否定をしてしまったら、それこそ別れを促進させるだけですし、なんの解決にもなりませんね。

この状況も一緒です。

まずは自分の心の声をまんま受け止めることから全てが始まります。

仕事が辛い、しんどい理由を考える

自分が今そういう感情にあるという事を受け止められたら、次はその要因について整理しましょう。大体の要因は次のように分けられると思います。

仕事が辛い要因

①特に理由がなく、何となく仕事が辛い場合
②業務負荷による場合
③プレッシャーによる場合

①特に理由がなく、何となく仕事が辛い

これは業務以外の何かが原因の可能性も疑う必要がありそうですね。

家庭などプライベートな事が起因して、日々の仕事に対してモチベーションが上がらない可能性があります。

②業務負荷による場合

業務が多すぎて心身共にダメージがきてる場合は、すぐに整理をするべきです。

可能であれば周りに協力を依頼するべきです。

結構な割合でこの【人に協力を依頼する】ことが出来ていない方は多いのです。

変な気遣いやプライドが原因なのが多数ですので、ちゃんと冷静になることが大事ですね。現状このまま無理をしたとして、仕事が終わらなかったり、貴方自身が壊れてしまったら、そここそ貴方の評価はもっと落ちてしまう事を理解しましょう。

理由はシンプル。上記で解説したように、会社は利益を追ってるからです。

結果利益にならない事が分かってるのであれば、全力で回避しにいきましょう。利害関係を正しく一致させる事が出来れば、ちゃんと協力体制が敷かれる筈です。

③プレッシャーによる場合

これも良くあるパターンですね。上司からの期待に応えようとするあまり、プレッシャーに押し潰されてしまう事はよくある事です。

この場合は下記のように整理をしましょう。

  • 出来ない未来は考えない
  • 出来なさそうだと思う場合、その要因を整理する
  • より確実に成功させる為には、何をするべきなのか策を練る

こうする事で着実に不安因子を取り除き、心に余裕を作りましょう。

理想の働き方を言語化してみる

今の仕事や働き方に不満があるのであれば、どうなっていたら不満はないのか、その為に必要な経験やスキルを言語化してみましょう。

理想な働き方に必要な労力と現在を比較する

今と比べて、理想を叶える為の労力、どちらが得なのかを考えてみましょう。

結果、今すぐにキャリアチェンジ出来そうなのであれば、転職も考えてみましょう。

その判断をする為に必要な情報を得る為に、転職エージェントに相談する事も効果的です。優秀なエージェントなら的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

長期休暇をとってしまうのも有効

充分な休養を取ることは、正しい判断能力を担保する上で必要な事です。

どうしても今が辛いのであれば、勇気を出して休暇を取ることも視野にいれましょう。

会社が怖くて休暇が取れない?

そんな馬鹿な話はありません。

労働者は法に守られているのです。胸を張って自分の権利を使っていきましょう。確かに有給消化については企業との合意が必要とはなりますが、緊急性が高い場合は意思を強くもって訴求するべきです。

緊急性が高いのかどうか、

それは誰でもない、貴方しか分からない事です。自らの判断と行動なくして、自分を守ることは出来ないという事を理解しましょう。

自分がいなくても会社はまわる事を認識しましょう

最後はこれに尽きます。

基本的に貴方がいなければ、まわせない仕事なんて無いです。

もし仮に貴方がいなければまわらないのであれば、それは会社側の経営に問題がありますし、とっくに貴方が経営してる事でしょう。

ですので変な責任感は不要です。間違っても全てを背負い込むことだけは避けるようにしましょう。

発生してるストレスを軽視し、気が付いたらもう心身共にボロボロで、どうにもならない状況は良くある事だという事を充分に理解して頂ければと思います。

今回は以上となります!

最終的に一番大事なのは貴方の身体とメンタルです。

正しい認識をもって、上手に自己管理をしていく事で、充実した日々を維持していって下さいね。

人生に彩りを。
Chiva.

コメント

タイトルとURLをコピーしました