転職がうまくいかない時に考えるべきこと

転職ノウハウ
スポンサーリンク

転職活動がうまくいかない!と悩まれてる方は多いのではないでしょうか。
本記事では具体的にこう言ったお悩みの方にお勧めです。

こんな読者にお勧めです!

①職務経歴書を何度も修正してるのに結果が変わらない
②希望条件の求人でうまく進まない。お見送りが続いてしまう
③書類は通過するんだけれども、面接でお見送りが続く
④応募を沢山出せってエージェントに言われるけど、中身に拘りたい
⑤現職が多忙過ぎて活動に専念できない

上記のどれかに当てはまる方がいらっしゃいましたら、是非ご覧頂ければと思います。それでは早速行って参りましょう!

スポンサーリンク

職務経歴書に拘り過ぎない(書き方に正解なんてない)

転職活動において、まず一番最初に起こるイベントが書類選考です。ここでは主に履歴書と職務経歴書のみで判断をされる事が多くなります。

ですので、職務経歴書の内容は確かに重要ではありますが、書き方に正解はないので、あまり神経質になり過ぎると次に進めず活動が鈍化してしまいます。

人事の書類チェック項目は大体決まってる。

企業によっては日々多くの書類を確認する必要があります。全ての書類を上から下まで隅々確認をするのは効率的ではありません

つまり書類選考において、チェックポイントを設けてるのが殆どです。詳細は企業によって少し異なりますが大枠は大体一緒です。まずはこのチェックポイントを把握しにいきましょう。

書類選考におけるチェックポイント

①担当業務のミッション・アクション・結果の内容について
②①が今回募集ポジションで求めてるスキルと合致しそうか
③資格や学歴、その他活かせる経験
④学歴や転職回数など(企業によっては顔写真)

大体はこんな所です。

②は完全に企業判断となるし、④は履歴書上で把握できます。という事は職務経歴書で重要になってくるのは①と③になりそうですね。

意外と思われる方も多いのですが、実はあまり自己PRは読まれません。勿論企業によっては重要とされてる所もありますが、長い自己PRはまず評価されません。まず要点を把握し辛い上に、書かれてる文章をそのまま真に受ける筈がありません。詳細については面接で確認すれば良いのですから。

職務経歴書で重要なのは、その人のスキル・再現性、募集ポストとの親和性がメインです。それが分かれば職務経歴書の役割は充分なのです。

何よりこれまでのスキル・経験は変えようがありません。変に盛って書類選考を通過しても中身が無ければ面接でお見送りとなるのです。

それでも書類通過率は少しでも上げたい!

確かに最初のフェーズである書類選考の通過率は少しでも高い方が良いですよね。通過する=選択肢が増えるわけですから、沢山通過した方が良いに決まってます。

では、通過する職務経歴書って何なんでしょうか?

それは上記でお話したチェック項目に繋がりますね。

通過する職務経歴書とは

①募集してるスキル・経験に当てはまる書類

②応募資格を満たすと判断できる書類

シンプルにこれです。これ以上でも以下でもありません。なのでこれらが書類を通じて分かる内容になってれば充分に戦える書類になってるわけです。

もっと言うと、①は私達で完全に把握する事は不可能でしょう。職務経歴書を見て応募ポジションとは違うポジション打診を頂ける事は珍しい事ではありません。

職務経歴書=自分自身の経験・スキル

この認識をちゃんと持ちましょう。上記必要な要素を正しく記載してるにも関わらず、お見送りが続くようでしたら、他の原因も疑うべきでしょう。

書類作成に拘ってしまうと、延々と時間をかけられてしまいます。なぜなら経歴書の書き方に正解なんて無いのですから。

条件の緩和を試みる(長期的スパンも検討してみる!)

転職活動がうまく行かない、という事はシンプルに下記の事象が発生しているという事です。

  • 書類選考でお見送りになってる
  • 面接でお見送りになってる

お見送りになる理由も実にシンプルです。

  • 企業が求めてるスキルに足りていない(他者比較含む)
  • 個人側の希望条件と企業側の評価と見合わない

だからこそ、自分のスキルや希望条件を見直す事は非常に重要になってくるのです。

自分のスキルや希望を客観的に見る方法

自分のスキルは高いのか、低いのか、一番分かりやすいのが現職の給与で比較する事でしょう。

職種ごとの平均年収を調べてみる

今自分の給与は世の中から見たときに高いのか、低いのか、調べてみましょう。dodaがリリースしてるこのサイトは非常に便利です

自分の希望年収の求人票を見てみる

自分が今回受ける職種において、希望年収でリリースされてる求人を調べてみましょう。求人検索で希望の年収を入れれば良いだけです。
そこで募集されてるスキルと、今の自分の出来ることを確認することで、今回の希望額は妥当なのかどうか、判断することが出来ますね。

検索される際は、気持ち高めに年収を入れると良いでしょう。何故ならアルゴリズムによって少し幅広めに求人が出てくるからです。

今回400万円を希望されてるなら、450万円と入力してみて下さい。

エンゼルバンクの五角形を使ってみよう

転職をテーマにした非常に参考になる漫画、『エンゼルバンク』
まずはコチラから内容をご確認ください。

【転職は人生のチューニングであり、リセットではない】

とても本質をついた言葉だとおもいます。

ここで取り上げられてる五角形を是非試してみてください。

現職についての評価を5点満点で五角形内に書いてみましょう。項目は年収・環境・人間関係など、貴方が今回転職で大事にしたい事で構いません。次にその総合点を算出します。MAXで25点となりますね。

それでは最後に、

総合点の範囲内で次の転職先に求める点数を調整してみましょう。

何も考えずに点数をつけたら当然全ての項目が5点満点になるようにチェックをつける筈です。しかしそんな転職先なんてあり得ません。

ここではルールとして自分が付けた総合点の範囲内とします。

年収をプラス2ポイントにしたのなら、どこからをマイナス2点しなければなりません。

そうすると、今回自分は何を一番大事にしたいのか、その為に何の希望緩和をしても良いのか、考えを深める事が出来ます。

求人票の下限年収を意識し過ぎないこと

求人票の年収はある程度幅を持たせて記載されてます。なぜなら実際にどのくらい年収を出せるかは面接での総合評価によるからです。

なので求人票に記載がある下限年収でオファーが出るとは限りませんし、能力や評価によっては上限以上に提示がされる事だってあるのです。

求人票に記載されてる年収幅が大体あってるのであれば、応募検討される事をお勧めします。

企業視点を持つように心掛けよう

忘れていけないのが企業視点。

転職活動が難航する程、どんどん視野が狭くなり自分の事しか考えられなくなってる方は非常に多いです。

内定を出すかどうかは、企業側が決めます。

その後行くかどうかを貴方が決められます。

つまりまず最初に企業側から評価頂けないと話が進まないのです。

貴方が人事だったとして、今の自分のスキルに対して現職以上の待遇を出す具体的な理由を考えてみましょう。答えが明確に出ない場合は、何かがズレてる可能性があるかもしれません。

これは面接対策にもつながる重要な観点です。現状がうまくいってない時は是非一度考えてみて下さい。

希望条件は絶対下げたくない

条件を下げるぐらいなら、転職はしない!

という方も多くいらっしゃいます。お気持ちも良く分かります。

ただ、もし今貴方の転職活動が苦戦しているとして、(中々思う条件で内定が出ていないとして)その理由はこれまで解説してきたように、

  • スキルミスマッチ
  • 希望条件が合わない

のどちらかになるのはお分かり頂けたかと思います。ではここで転職活動を中止し現職に残ったとしましょう。

現職では今回の転職理由は叶うのでしょうか?

暫く現職に在籍する事で転職軸が払拭できるなら、転職する必要はないでしょう。ただ大半の方はそうではないから、活動をされてるわけです。

つまり、今のままだったら状況が変わらないので、スキルアップも出来ない、スキルが変わらないのであれば、転職活動を先延ばしにしても、評価も変わらない。当然です。

ただ条件緩和して内定が出た会社では、スキルアップはできるかもしれない。スキルアップさえ出来れば自ずと年収も上がります。

この理屈は至極当然の事なのですが、実際受け止められる方は少ないです。ただ変な事は一つも言っていない事はご理解頂けるでしょう。つまり原因を正しく追求していく事で、こういった選択肢とも向き合う必要があるという事です。

面接対策を見直してみる

もしかすると、面接の場で損をしている場合もありますね。どれだけ実績やスキルがあっても(一部の職種を除いて)面接でお話が出来なければ評価はされません。

書類選考では大枠での経験値を見られていて、面接ではその具体的な話を聞く事で総合的に判断をされていきます。自分のアピールが出来なければ当然内定には辿り着けません。

面接対策を見直す際は、下記を確認してみましょう。

面接対策チェックポイント

①他責になってないか(人や組織、会社のせいにしていないか)
②業務の再現性を具体的にアピールできているか
③志望度の高さをアピールできているか
④転職理由と志望動機は繋がってるか、一貫性があるのか

本ブログでも別記事で解説してますので、是非チェックしてみて下さい。

noteでは有料記事になりますが、面接対策に関しての完全攻略版もリリースしてます。途中までは無料で読めますので、あわせてどうぞ!

応募数が足りてるのかどうか -通過率から逆算する-

応募をしなければ書類通過はしないし、面接にも行けません。よって内定は手に入りません。つまり応募数に拘る事は非常に重要な事なのです。

応募数が少ない方で多くの場合は、失敗を恐れる傾向にあります。ですがこの失敗という考え方がまず誤ってます。

書類選考でお見送りになる事は失敗ではありません。

面接でお見送りになる事も決して失敗ではありません。

まず大前提、入社をして絶対に幸せになれる会社なんて無いのです。

大事なのは通過しなかった理由を追及する事です。その振り返りの積み重ねが内省を深め、今回の本当の転職理由の発見に繋がる事も多々あります。

通過率を把握しよう

大体の平均値ですが、書類選考の通過率は3割程度。

つまり10社応募したら3社通過すれば良い方となります。(勿論人によって差は大きく変わってきますが)1次面接から内定までいける割合も大体2割から3割程度。(参考記事はこちら

この平均通過率をみても、【お見送りになる確率の方が高い】事が分かりますね。

更に書類選考期間は最大で2週間から1ヶ月にまで及ぶし、面接も回数によりますが、1ヶ月弱時間を要しますので、少しずつ応募した際、1社のお見送りで大きなタイムロスに繋がる事は容易に想像ができます。

沢山書類通過してしまった場合、全ての面接には行けない

時間は有限ですから、スケジュール的に全ての面接に行けないの当然の事です。勿論対策にも時間は欲しい所ですよね。

では、

貴方が応募したその求人は本当に書類通過するのでしょうか。

書類でお見送りになる可能性は、上記の通り割合として高めです。

にも関わらず、その対策を応募前に始めるのは効率的ではありません。また、忙しいのであれば尚更事前に面接数などは分かっていた方が便利でしょう。

であれば、まずは応募数を沢山出して、どこで書類通過するのかを見てからスケジュールや対策を考えていきましょう。

それが一番効率的です。

正直面接対策は時間をかければ良いというものではありません。職務経歴書と一緒でコツを押さえるのがポイントです。(是非上記で紹介したリンク先を参考にしてみて下さい。)

以上の事から、常に応募の手は止めず、応募し続けることが非常に重要になるのです!応募する事を躊躇していた方は是非トライしてみて下さい。

そもそも今が活動時期なのか -多忙なら退職もアリ-

活動がうまく行かない原因で【そもそも現職が忙し過ぎる】というのがあります。

これはもう、そもそものお話になりますが、このパターンの方は結構多くいらっしゃいます。取り敢えず見切り発車で活動を進めてしまったり、なんとかなる!と思い込んでしまったのでしょう。

目安として月60時間以上残業されてる方は、充実した転職活動を行うのは厳しくなるでしょう。

これまでお話した通り、最初は一定数応募数が重要になってきますし、自分自身と向き合わなければならない時間も必要となります。

ここの時間を取れない場合は、一度退職も視野に入れるべきでしょう。

転職先が決まってないのに、退職をするのは不安

確かに先が決まってない中での退職は不安ですよね。収入源が止まってしまうのは確実にリスクと言えるでしょう。

ただ、退職をしなければ納得できる転職先を見つけられないのも事実です。

適当な活動をしてしまい、転職先で後悔された場合、また転職をされるのでしょうか。

絶対という事はありませんが、この場合どちらにしても同等のリスクが発生しております。転職をする事が決まってるのであれば、後者を選ばざるを得ないでしょう。

確かに退職後に活動する場合は、大方の活動費用は必要です。

であれば、その活動資金を貯めておくか、退職後にアルバイトを始める事も良いでしょう。アルバイトの場合は特に社歴に加える必要はありません。(但し派遣社員として働く場合は別となるので注意が必要です。)

時間の投資は転職活動では絶対に必要となりますので、どうしても現職都合で活動が進められない場合は、一度退職も視野に入れましょう。

今回は以上となります!

転職活動は正しく効果的に取り組められれば、貴方にとって必ず有益なものになる筈です。

うまく行かない場合のチェックポイントを改めて下記にまとめますね。

転職活動進捗チェックポイント

①職務経歴書の修正に拘り過ぎてないか(ポイントを網羅できてるか)
②条件の緩和を試みているか
③面接対策を見直せているか
④多数応募を出せているのか
⑤現職多忙で転職活動に影響が出ていないか

最後までご覧頂きありがとうございました。

ご質問やご相談はお気軽にコメント欄にお書き下さい。

人生に彩りを。
Chiva.

コメント

タイトルとURLをコピーしました